つばさ薬局

安心安全への日々の取り組み

調剤過誤ゼロへ

私達の薬局は、群馬県内初のauditという調剤監査システムを導入し、調剤過誤ゼロを目指し真剣に取り組んでいます。このシステムを導入することによりヒューマンエラーをゼロにし、患者様に安心、そして信頼して頂けるよう薬局づくりをしています。

  • 調剤監査システム

  • 医療事務が入力した処方内容情報がaudit(調剤監査システム)と連動しています。
  • 薬剤師が処方せんを元に調剤した薬をトレイに入れ、照合ボタンを押します。
  • 処方内容と調剤した薬が、すべて正しく合っていれば「種類OK」「総重量OK」となります。
  • この調剤監査システムは「種類、数、入力情報」の間違えも発見し、「監査×」のマークや「種類NG」、「総重量NG」のマークで知らせてくれます。
  • 最終的に、auditはトレイの中を写真撮影するので、患者様にお渡しした薬を記録することができます。この機能は後ほどのトラブル回避にも役に立っております。
  • 薬を監査システムへ

    薬を監査システムへ

  • 自動で監査

    自動で監査

  • 間違いがあれば指摘

    間違いがあれば指摘

さらに薬剤師の精神的負担の軽減にも役に立っております。一人薬剤師の店舗の場合、投薬する前にauditの監査を利用することにより、調剤過誤への不安など精神的な負担も減り快適な労働環境の中、働く事ができます。

監査システム導入の費用は決して安くはありません。しかし私たちの薬局は費用を惜しみません。なぜならば患者様の命がかかっているからです。

医療用抗原検査キットの取扱いについて おくすり手帳 調剤過誤ゼロへの取り組み 学校薬剤師のしごと 事務の活躍 医薬分業・かかりつけ薬局 地域に貢献~薬育~ つばさ通信~薬局での出来事~ 研究発表・エビデンス かかりつけ薬剤師 新型コロナウイルス感染症抗原検査・感染症経口治療剤についての取り組み

Produced by BSC