つばさ薬局

医薬分業・かかりつけ薬局

薬剤師 礒田宏之

医薬分業とは、病気になって医師の診断をうけた際に、病院・診療所で薬をもらう代わりに「処方せん」をもらい、その処方せんに基づいて「かかりつけ薬局」(保険薬局)で薬を調剤してもらうことをいいます。

医薬分業のメリットは?

電話対応風景

※ 特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さんは、是非1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。

「かかりつけ薬局」ってなんだろう?

あなたには信頼できる「かかりつけ薬剤師」がいますか?

薬剤師 礒田宏之

あなたには「体調が悪い」そんな時、身近で、いつも診てもらっていて、気軽に相談ができる「かかりつけ医」がいることでしょう。それでは、自分が飲んでいる薬を知っていて、自分の症状について丁寧に聞いてくれる。なにより、気軽にいつでも相談ができ、薬のことだけではなく、置き薬や健康食品のこと、食べ物や生活習慣といった生活上の相談までができ、アドバイスや情報をくれる。そんな薬剤師はいますか。そう、それが「かかりつけ薬剤師」です。

「かかりつけ薬局」とは

「かかりつけ薬剤師」がいる薬局、それは「かかりつけ薬局」です。どこの薬局を利用するかは、患者様の自由です。処方せんで薬を調剤してもらったり、薬について相談する薬局を「かかりつけ薬局」として1つに決めておきましょう。

「かかりつけ薬局」をもつことによって、薬による適切で安全な治療ができ、より安心で健康な生活を送ることができます。つまり、「かかりつけ薬局」とはお薬の面から健康管理のサポートをしてくれる薬局です。

「かかりつけ薬局」をもつメリット

「かかりつけ薬局」をお探しなら、是非お住まいのお近くの薬局を以下よりお選びください。

きっとあなたの「かかりつけ薬剤師」が見つかると思います。

医療用抗原検査キットの取扱いについて おくすり手帳 調剤過誤ゼロへの取り組み 学校薬剤師のしごと 事務の活躍 医薬分業・かかりつけ薬局 地域に貢献~薬育~ つばさ通信~薬局での出来事~ 研究発表・エビデンス かかりつけ薬剤師 新型コロナウイルス感染症抗原検査・感染症経口治療剤についての取り組み

Produced by BSC